後期臨床研修について

後期臨床研修について

後期臨床研修について

私たちは「地理的な離島はあっても、人の生命に離島があってはならない」を合言葉に地域住民とともに医療活動を行ってきました。
研修目標は「離島診療所の医療活動を独力で担える基本的臨床能力を身につける」ことです。皆が、診療所に行くわけではありませんが、そのくらいの「総合力を身につける」ということです。
中には、総合研修は飛ばして、すぐに専門研修を希望する場合もあるでしょう。それでも、専門科研修をするなかで、総合力を身につけられるようなプログラムを準備しています。
私たちと、地域住民と、共に、この鹿児島の地域で、「地域に根ざした医療」を考えている先生方、是非、鹿児島民医連後期研修に参加してください。お待ちしています。

研修目標(各科共通の総合的分野概要)

総合的問題解決能力を身につける総合的問題解決能力を身につける
  • 病棟・外来において、的確な判断と治療を独力で行うことができる。
    労働と生活の視点で患者の問題点をとらえ、その解決に有用な社会資源(介護保険、身障、生活保護、特定疾患、労災など)を活用できる。
    地域の医療機関、福祉関係機関と連携できる。
    在宅医療や慢性疾患の継続的管理ができる。
    医療生協の組合員活動、健康増進運動などを通して、保健予防活動の意義をつかみ、啓蒙活動ができる。
    健診参加を通して働く人々の健康問題をつかみ、意義を理解する。
    病棟・外来において、的確な判断と治療を独力で行うことができる。
  • 労働と生活の視点で患者の問題点をとらえ、その解決に有用な社会資源(介護保険、身障、生活保護、特定疾患、労災など)を活用できる。
  • 地域の医療機関、福祉関係機関と連携できる。
  • 在宅医療や慢性疾患の継続的管理ができる。
  • 医療生協の組合員活動、健康増進運動などを通して、保健予防活動の意義をつかみ、啓蒙活動ができる。
  • 健診参加を通して働く人々の健康問題をつかみ、意義を理解する。
チーム医療、民主的集団医療を実践するために
  • 院内外の他職種とのカンファレンスを運営し、治療方針を立て、共同の力で問題を解決できる。
  • 病棟や医局の運営に際して、その集団の一員として意見を述べたり運営に協力したりすることができる。
  • 各種委員会において、運営の中心的役割を担える。
  • 医療生協の組織活動を理解し、意見を述べ、実践できる。
  • 共同の営みとしての医療ついて述べることができ、実践に向けて努力する。
社会的問題を見出し、解決するために
  • 患者の背景にある社会的問題を把握できる。
  • 地域の医療要求を理解でき、その実現のために地域住民、医療機関、福祉機関、自治体に働きかける。
  • 医療情勢社会情勢について学習し、他者にわかりやすく説明できる。

後期臨床研修プログラム
研修の流れをご紹介
Dr.リトープログラム
離島診療所プログラムをご紹介
専門科研修
専門性を高めた医師の養成
研修施設一覧
研修施設、所在地のご案内
募集要項
後期研修医募集のご案内
お問い合せ
お問い合せ先、担当のご案内
 

このページのTOPへ