鹿児島の医療を考えるつどい

鹿児島の医療を考えるつどい

2010年4月18日(土)に県市町村自治会館で「鹿児島の医療を考えるつどい」が行われました。
座長に鹿児島市市立病院院長の上津原甲一氏が、講師には全国自治体病院協議会会長赤穂市民病院院長の邊見公雄氏を迎え、地域医療の現状とこれからについて考える機会となりました。

 

このページのTOPへ